野生動物、絶滅動物の図鑑サイト TOMORROW is LIVED

GEMSBOK

PHOTO by Sara&Joachim

砂漠に適応した「ゲムズボック」

ゲムズボックはオリックスとも呼ばれます。 オス、メス共に直線的な角を持っています。 砂漠に生息し、強いオスを中心としたメス、その子供、数頭のオスからなる10~50頭の群れを形成して生活しています。年老いたオスは群れを離れ単独で行動することもあります。

不毛な大地や砂漠に生息する彼らは、暑さと乾燥と戦いながら、主に夕暮れから夜の涼しい時間帯に行動し餌を食べます。主食は、草背丈の低い木を食べます。他にも野生のキュウリやメロン等の水分補給になる植物を食べます。朝から昼間での暑い時間帯は木の日陰で休みます。

ゲムズボックは、体温が45度℃を超えるまで汗は出ず、荒い息づかいにはなりません。腎臓で非常に濃い尿を作り、糞は乾燥しているなど、とても高い水分保持能力を誇ります。

一覧に戻る