野生動物、絶滅動物の図鑑サイト TOMORROW is LIVED

HIPPOPOTAMUS

水陸両用「カバ」

カバはアフリカの中部から南部の湖や河川、沼などの水辺近くに生息しています。体長は3〜4mで、大きなものは5m近くなるものもいます。

目、鼻、耳は一直線に並んでおり、水面に体を沈めたまま息をし周りの状況を目と耳で確認することができます。鼻孔は荒い毛によって囲まれ、水の中に入る時に、鼻孔を閉じることができる特別なフラップになっています。水中で1〜5分ほど息を止めることができます。水中で眠ることができ、息をするために鼻を出し息をして潜るを繰り返します。

カバの一番の特徴である巨大な口は150°開き、牙は絶えず成長します。長いものでは約60cmまで成長し、重さ3kgにもなります。

陸上では水か泥で定期的に湿らさないと皮膚がすぐにひび割れを起こします。そのため皮膚から赤い油を排泄し、紫外線から皮膚を守りひび割れないようにしています。カバのぶ厚い皮膚の厚さは約6cmにもなります。

水中で生活していますが泳ぐのは苦手で地面を蹴りながら進んだり歩いています。地上では短く細い足ですが、時速40kmで走ることができます。

カバの暮らし

カバの主食はイネ科の草で、口の先で草をむしりとって食べます。主に夜間に陸に上がって食べ、乾季の草が少ない時期になると一晩に歩く距離が10kmにもなります。1日で食べる量は50kgにもなります。他にはサトウキビやトウモロコシを食べ、小動物や最近では腐肉も食べることも観察されています。

カバは40匹までの群をつくる社交的な動物です。群れはリーダーのオスと主にメスとその子どもたちからなります。優位の立場の者に対して頭を水面で上下させ潜るや尻尾で水をかけるなどで挨拶をします。群れのボスは侵入者に対し低い唸り声で威嚇します。

オスはしばしば群れのリーダーをかけて戦います。戦い基本は口を大きく広げその大きさを競います。そして大きく開いた口を激しく押し合い戦います。負けを認めるときは頭を水中に沈め、水中から尻尾を出し激しく降ります。戦いは激しくなることもあり、鋭い犬歯で噛みつき死ぬことさえあります。そのためオスの体には傷跡が多くあります。 群れのリーダーを倒したオスは、ライオンと同じ「子殺し」を行うことが確認されています。

乾期の間は、草を探し回らなくてはならないので、手近な水たまりを一時的な滞在地として行き、草を食べる範囲を広げて行きます。一時的な滞在地には多数の群が集まるため社会構成やなわばりは存在しなくなります。

カバの楽園

アフリカのウガンダの赤道直下にカバの楽園とよばれる場所があります。クイーン・エリザベス国立公園のカジンガ水路というところでエドワード湖とジョージ湖を結ぶ天然の水路です。長さ32kmの広い水域に5,000頭のカバが暮らしています。群れの縄張りは岸に沿って200mほどの間隔で600近い群れが暮らしており世界一生息密度が高い場所として知られています。

水路の北にそびえるルウェンゾリ山地。最高峰の標高が5,109mになり山頂付近には赤道直下にもかかわらず万年雪を冠している。ルウェンゾリ山地から溶け出す水によってカジンガ水路にゆるやかな傾斜と豊富な水をもたらしている。水路の流れも緩やかで、カバにとって非常に暮らしやすい環境が整っていおりカバの楽園と呼ぶにふさわしい場所です。

カバの出産と子育て

カバは一夫多妻で群れのボスが複数のメスと交尾を行います。交尾は水中で行われます。2~8月の乾季に繁殖を行い、10~4月の雨季に出産が多く見られます。

妊娠期間は8ヵ月ぐらいで、1回の出産で通常1子を出産するが、稀に2子生まれます。

カバのメスは2年から3年おきに出産し、生後5ヶ月までは母乳で育てます。母乳は水中で行い、7歳くらいまで自分のそばで大切に育てます。

カバの牙は一歳くらいから伸び始め、小さい時から遊びで口を大きく開き合い力比べをします。メスは6年、オスは7年くらいで性成熟します。ボスは性成熟したオスを群れから追い出します。

一覧に戻る