野生動物、絶滅動物の図鑑サイト TOMORROW is LIVED

IMPALA

脅威の跳躍力「インパラ」

インパラのオスは特徴的な角を持っており長さは75cmにも達します。メスには角がありません。

インパラは、朝と夕方の大半を草を食べることに費やし、日中は木の陰の下で休みます。通常群れで行動するが一夫多妻制で強いオスしか、自分の群れを 持てません。縄張りは、約2~6平方kmほどの広さを持っています。群れを持っていない、オスだけの群れを作ります。発情期には他の縄張りに進入して、 しゃがれた大きな声を出し合いメスを奪い合います。

インパラは跳躍力が高く、ジャンプは幅9m、高さ2.5mにも及ぶ。これは捕食者であるライオン、チーターなどから身を守るための野力として発揮される。危険を感じると、群れ全体がばらばらに飛び跳ね、捕食者たちを混乱させて逃げます。

一覧に戻る