コビトカバの生態|野生動物、絶滅動物の生態、動物の写真を紹介した動物図鑑サイト

動物の生態 | 動物の写真 | 動物の壁紙 | 動物カード | 動物ブログ | 動物ブログ

ARTIODACTYLA / 偶蹄類
キリン

世界三大珍獣「コビトカバ」

世界三大珍獣のコビトカバ。非常に珍しいコビトカバは、リベリアを除いた地域では減少し続けています。
体重は大きなカバの5分の1しかなく、平らで小さい顔と水かきのついていない指を持っています。それは水中よりも陸上での生活に適応しているからです。

コビトカバの暮らし

コビトカバは単独行動をとり、夜間に低い木やシダ、果実など様々な植物を食べ歩き回ります。なわばりは重なることがありますが、大きな争い事はしません。日中は沼に隠れたり、他の動物が作った穴に隠れます。
成獣になった彼らの天敵は、ヒョウだけです。

コビトカバ

コビトカバ

英名
Pygmy hippopotamus
学名
Choeropsis liberiensis
体長
150-180cm
体重
160-270kg
尾長
15cm
主食
草、木の葉、果実など
分布
西アフリカ
コビトカバの分布図



動物カード