野生動物、絶滅動物の図鑑サイト TOMORROW is LIVED

THOMSON'S GAZELLE

小型ですばしこい「トムソンガゼル」

トムソンガゼルはガゼルの中でも小型で、優雅でとてもすばしっこいです。ブチハイエナなどの捕食動物が近づくと、何回も飛び跳ねて逃げます。トムソンガゼルの一番の天敵はチーターですが、不意をつかれなければ自慢の脚力と巧みなステップで逃げ切れます。

トムソンガゼルの暮らし

トムソンガゼルの群れはメスやその子供からなる50頭くらいまでで形成されます。雨期は草原を移動し、乾期には低木林に餌を求め移動します。移動するときはオスの群れや単独のオスと合流し移動します。

主食は短い草で90%ほどを占めます。他には、種子や葉などを食べます。

トムソンガゼルの出産と子供

トムソンガゼルはウシの仲間には珍しく、1年に2回繁殖できる数少ない種です。160~180日の妊娠期間の後、子供を1匹生みます。子供を産む時期は1月頃と7月頃になります。生まれた子供は親より色が濃いですが、1~2週間で親と同じ淡い色になります。

子供は生まれてすぐに立ち上がります。3~4週間で群れの移動に追いつけるようになります。それまではうずくまって草に紛れて天敵から隠れます。子供は4ヶ月で離乳します。

一覧に戻る