ブチハイエナの生態|野生動物、絶滅動物の生態、動物の写真を紹介した動物図鑑サイト

動物の生態 | 動物の写真 | 動物の壁紙 | 動物カード | 動物ブログ | 動物ブログ

HERPESTIDAE / ハイエナ科
ブチハイエナ

女社会の「ブチハイエナ」

ブチハイエナのクランという群れは、メス中心の社会で成り立っています。体もメスのほうが大きく、リーダーはメスです。多いときは40頭以上になることがあります。群れでの序列がはっきりしており、むやみやたらに争いません。子供を生むことができるのはリーダーだけで、末女が時期リーダーとなります。

ブチハイエナの子育ては共同の保育場で行われます。授乳は実の母が行います。ただし母親同士が親子や姉妹などのような肉親の場合は、子供を交換して授乳することもあります。このような社会を形成することで、子供の1年後の生存確率は60%以上という野生動物としては極めて高い生存力を誇っています。

ハイエナは世間では「泥棒」と悪役にされ嫌われていますが、獲物の6割は自分たちで狩りをして捕まえた獲物を食べています。ハイエナの特技は強力な顎で骨をも砕くことで、獲物は骨まで食べ、強力な消化能力で随のタンパク質などの栄養を摂ります。そのため糞は白くなります。これはライオンや他の動物にはマネできません。

自然界の動物は傷つくと餌をとれなくなって死ぬことが多いですが、ハイエナの群れでは、傷ついた仲間も他の仲間同様に餌を得ることができます。ブチハイエナは群れ全体での相互扶助のような体制を作ることで、厳しいサバンナの環境を生き抜いてきました。

ブチハイエナvsライオン

ブチハイエナにとってライオンは寄生虫そのものです。ブチハイエナが世間一般に、人のものを横取りする卑怯者といわれていますが、実際はブチハイエナよりもライオンのほうが横取りすることが多いのが事実です。狩りもブチハイエナのほうが高い確率で獲物をとらえます。ライオンが群れをなさないネコ科の中で唯一群れを形成した理由は、ブチハイエナというライバルに勝つためなのです。
ライオンはブチハイエナを見つけると食べるわけでもないのに殺します。ブチハイエナはライオンの子供を襲います。常にお互いは警戒し、対立しあうライバルなのです。

狩りも上手く、高い社会性を持つクランを形成し、アフリカ全土に生息することに成功しているブチハイエナこそ、真のサバンナ王者といえるでしょう。

ブチハイエナ

ブチハイエナ

英名
Spotted hyena
学名
Crocuta crocuta
体長
95-150cm
体重
40-85kg
尾長
25cm
主食
シマウマ、イボイノシシ、インパラ
分布
アフリカ全域
ブチハイエナの分布図



動物カード