マンドリルの生態|野生動物、絶滅動物の生態、動物の写真を紹介した動物図鑑サイト

動物の生態 | 動物の写真 | 動物の壁紙 | 動物カード | 動物ブログ | 動物ブログ

MHAPLORHINI / 真猿類
マンドリル

カラフルで美しい謎のサル「マンドリル」

鼻筋から鼻先までの真紅の鼻に、その両側の青の飾りがオスのマンドリルの象徴です。メスはオスのように派手ではありません。これは昼間でも暗い熱帯雨林のなかで仲間を見分けるのに役立つと考えられています。メスはオスの3分の1の大きさしかありません。

マンドリルの暮らし

マンドリルは熱帯雨林に群れで暮らしており、1日の大半を地上の果実や種子、卵や小動物を探しています。1日の移動距離は3~5kmほどです。

マンドリルは1頭のオスと複数のメスからなるグループを基本に、それがいくつか集まって、250匹もの大群を作ります。その中で1頭のオスは20頭程度のメスを従えたハーレムを形成します。群れの中には明確な順位が存在します。それぞれの群れを優位のオスが率い、繁殖力のあるメスと交尾し、ほとんどすべての子供の父親となります。下位の繁殖のできないオス同士は、下位の群れを形成します。

マンドリル

マンドリル

英名
Mandrill
学名
Mandrillus sphinx
体長
63-80cm
体重
11-37kg
尾長
7-9cm
主食
果実、葉、樹皮、蜂蜜、昆虫、鳥、肉
分布
中央アフリカ西部
マンドリルの分布図



動物カード