野生動物、絶滅動物の図鑑サイト TOMORROW is LIVED

MANDRILL

カラフルで美しい謎のサル「マンドリル」

マンドリルは熱帯雨林に群れで暮らしており、1日の大半を地上の果実や種子、卵や小動物を探しています。1日の移動距離は3~5kmほどです。

マンドリルの暮らし

ザイール東部の低地の森に住むゴリラは主に日中に行動し、果実がなっている木を求めて1日に1~4km移動します。シロアリや小動物を時々食べます。夜は木の枝などを曲げてベッドを作り寝ます。

マンドリルは1頭のオスと複数のメスからなるグループを基本に、それがいくつか集まって、250匹もの大群を作ります。その中で1頭のオスは20頭程度のメスを従えたハーレムを形成します。群れの中には明確な順位が存在します。それぞれの群れを優位のオスが率い、繁殖力のあるメスと交尾し、ほとんどすべての子供の父親となります。下位の繁殖のできないオス同士は、下位の群れを形成します。

一覧に戻る