アメリカバク(ブラジルバク)の生態|野生動物、絶滅動物の生態、動物の写真を紹介した動物図鑑サイト

動物の生態 | 動物の写真 | 動物の壁紙 | 動物カード | 動物ブログ | 動物ブログ

PERISSODACTYLA/奇蹄類
アメリカバク

イカしたソフトモヒカン「アメリカバク」

短く剛毛のたてがみが特徴のアメリカバク。視力は弱いが、大きな耳と鋭い嗅覚を持っています。トゲや枝から小さな目を守るため、眼球の入っているくぼみが深くなっています。

アメリカバクは主に日が暮れると頃に活発に行動します。昼間は生い茂った草の下で休みます。夜は森林で過ごします。アメリカバクは様々な草や果実を食べます。

アメリカバクはジャガーやピューマなどの天敵に襲われると一目散に川に飛び込みます。彼らは非常に泳ぎが得意で、鼻だけを水から出した状態で過ごすことも珍しくありません。

アメリカバク

アメリカバク

別名
ブラジルバク
英名
South American tapir
Brazilian tapir
Lowland tapir
学名
Tapirus terrestris
体長
170-200cm
体重
225-250kg
尾長
5-10cm
主食
草、木の葉、果実、水草など
分布
南アメリカ北部、中部
アメリカバクの分布図



動物カード