野生動物、絶滅動物の図鑑サイト TOMORROW is LIVED

WALRUS

北極海の王者「セイウチ」

セイウチのシンボルである長い牙は犬歯が伸びたもので、オスは100cmに達します。メスの牙はオスに比べて湾曲しており、細くて短くなっています。 この牙はホッキョクグマなどの天敵に対する武器になり、オス同士の争いに使われたり、海底で獲物を掘り起こす時や陸に上がる際の杖代わりに役立ちます。

体毛が荒く生えているだけだが、5cmにもなる厚い脂肪が北極の厳しい寒さから身を守ってくれます。

口のまわりには約450本の堅いひげがあり、海底で獲物を漁るときに役立ちます。

セイウチの暮らし

セイウチは社会的な動物で、氷山や海岸、浮氷にオスとメス、子どもからなる数百匹にもなる大規模な群れを形成し、海では10匹以下の小さな群れを形成し生活しています。若いオスはオス同士で集まることが多いです。

セイウチは、鰭脚類では珍しく、二枚貝や甲殻類、動きの遅い魚を食べます。100m以上に25分間潜り、主食の貝などを口の周りの堅いひげを感覚器官として使い、海水を口から吐き出して獲物を掘り出します。歯を使うというより、口と舌で吸い込んで餌を食べます。

セイウチの皮膚は活動にともなって色が変化します。通常は灰色がかった褐色だが、日光浴の時にはレンガ色に変化します。冷たい水中では青っぽくなります。それは体温を保つために、体表の血管の血流量を変化させているからです。

セイウチの繁殖、出産、子育て

セイウチのオスは繁殖のため、メスをめぐり自慢の牙を使って戦います。刺し傷を負うことがありますが、死ぬことはほとんどありません。戦いに勝った者が、多くのメスを所有するハーレムを形成でき、多くのメスと繁殖することができます。セイウチは非常に繁殖率の低い動物で、繁殖に参加するのにメスで10年、オスで15年を要します。

交尾は1月から3月に行われ、妊娠期間は1年以上におよびます。生まれた子どもは体長1.2m、体重75kgほどです。出産は最短で2年おきで、子どもは6ヶ月間授乳し、約2年間母親と行動をともにし、泳ぎ方や狩りの仕方を学びます。

セイウチのメスは面倒見がとてもよく、孤児になった他の子どもを養子として育てることもあります。

一覧に戻る